recollection’s blog

書籍、漫画、アニメ、評論、映画、その他コンテンツの感想、評論、あらすじ、要点纏めを書いていきます。ネタバレもあるので注意

HGウェルズ//盲人の国ほか

スポンサードリンク

タイムマシン (角川文庫)

タイム・マシン (創元SF文庫―ウェルズSF傑作集)

世界最終戦争の夢 ウェルズSF傑作集

これらの本に「盲人の国」が収録されている。
盲人の国は、異世界転生失敗ものとして読むことができる。
自分の方が、盲人よりも(目が見える分だけ)優位だと思っていたら、社会の建物やら生活習慣やら道やらが盲人向けに作られているため、優位をとれるどころか、半人前以下の能力しか発揮できないというお話。
SFとして、思考実験としてとてもレベルが高い。