読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

recollection’s blog

書籍、漫画、アニメ、評論、映画、その他コンテンツの感想、評論、あらすじ、要点纏めを書いていきます。ネタバレもあるので注意

クローズZERO?

映画

スポンサードリンク




クローズZERO II スタンダード・エディション [DVD]

クローズZERO II スタンダード・エディション [DVD]

面白かった。ただひとつ言うなら、これとヤッターマンを同時並行で撮ってた三池崇史は頭がおかしい。

  • 殴りあったり血がでたりするシーンに痛みを感じないクローズですが、かわらでのデートシーン?は本当に痛かった。胃とか、なんか他のところも痛くなった。アレはネタシーンでフィクションのようだけれども、アレが一番リアリティあるよ!あるあるよ!
  • ヨメが、これテニミュみたいにミュージカルにしたらいいんじゃね?って言ってた。
  • 影技術に関しての話。この間、ライダーの中の演技の人の番組がやってて、動きを教えるっていうシーンがあったときに思ったことがあって、素人/新人が、早く動いて攻撃の強さを出そうとしてるのに対して、中の人は、動きはそんなに早くないのに、その動きの質?ですごいパワーがあるように見えるように動いてた。どこがどうなのかわかんないけれども、重力と体重をその動作の中にこめれるのが中の人のプロなんだなあって思った。で、クローズ。撮影風景のオマケ映像があったんだけど、やっぱり軽い。みんなだいぶ練習はしてるんだけど、プロの技に比べると軽くなる。で、それを重く見せるようにカットとか、なんか色々で調整する技もまたプロだと思った。うまくまとまんない。少林少女は見習ったほうがいい。