読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

recollection’s blog

書籍、漫画、アニメ、評論、映画、その他コンテンツの感想、評論、あらすじ、要点纏めを書いていきます。ネタバレもあるので注意

煙か土か食い物

小説

スポンサードリンク



昔、インターネットで文章を書いていてとても才能があると思ってた子のことを思い出した。小説として形にしてまとめ上げないとどうにもならんで、その子は消えていってしもたんやけれども、文章でメシが食えるかどうかっていうのは、そういうムラを物語として安定したものに固着できるかどうかだと思う。(そこらへんは自分もできていないので何とも…)

個々の要素と、全体の骨格だけみると、どこかで見たようなというかベタと呼ぶのに近い、けれども、それが合わさった時になんか違和感というか奇妙な感じを覚える。シマウマの皮膚にワニの皮を張り合わせたような、異物感。なんかうまく説明できない。密室ものや探偵ものに対する素敵なリスペクト。やっぱり探偵は殺されないと。あと、腹話術でしゃべるといい。ペイバックタイムという単語がよかったので今後使っていこうと思う。ドラえもんはいいよね、やっぱりリスペクトする。フジコフジコ。