recollection’s blog

書籍、漫画、アニメ、評論、映画、その他コンテンツの感想、評論、あらすじ、要点纏めを書いていきます。ネタバレもあるので注意

この世でいちばん大事な「カネ」の話

スポンサードリンク




この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)

あちこちで「眼からウロコ!!」とか言われてたんで読んでみた…。

なんというか…普通…。

「何を言うか」ではなく「誰が言うか」の本だと思った。西原理恵子がこれこれこうだからこうですよっていう。実話!!*1

これだったら青木雄二資本論でも読んでる方がマシだ。

世の中銭や!!



追記:あと、女の人の仕事論と男の人の仕事論はもう、人間の仕組み的に全然違うと思った。女の人は生きてくために仕事してその欲で身を滅ぼしたりもするけれども、男の人は生きてくために働くって無理だ。男の人にとって、夢というものは死活問題でそれがないと死んでしまうものなので、男の人は仕事を選ぶべきだし、そうでないとどん詰まる。生き物としての仕組みが全然違うんだなってフリーで食ってる(または半フリー、勤めてるけど技能で食ってるみたいな)人たちと話をしたり様子を聞いたりして思った。女の人は立派だけどそんな風にメシを食おうと思ったらとても持たん。


*1:実話といえば恋空も実話だ