recollection’s blog

書籍、漫画、アニメ、評論、映画、その他コンテンツの感想、評論、あらすじ、要点纏めを書いていきます。ネタバレもあるので注意

“文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫)

スポンサードリンク




“文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫)

“文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫)

“文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫)

ラスボスだと思ってたミウが今回限りの登場キャラっていう衝撃。

キチデレどSっていう貴重なキャラだったのになあ。