recollection’s blog

書籍、漫画、アニメ、評論、映画、その他コンテンツの感想、評論、あらすじ、要点纏めを書いていきます。ネタバレもあるので注意

貧民の帝都/興味深いし、詳しい。また必要に応じて詳しく見たい。

スポンサードリンク




貧民の帝都 (文春新書)

貧民の帝都 (文春新書)

貧民の帝都/塩見鮮一郎

明治以降の東京の貧困の歴史を叙事的に話している本。事実を追うことを第一に書いているようでちょっと歴史の教科書見たい。新書なんでもうすこし個々の出来事の因果関係と人間関係を追って書いてもらえたらもっと読みやすかったと思う。

巻末には貧困行政についての年表もついていて、また、非人が江戸〜明治における変革期にどんな仕事を果たしたのかも描かれていて、非常にいい本だと思う。

必要な時に再読したい。