recollection’s blog

書籍、漫画、アニメ、評論、映画、その他コンテンツの感想、評論、あらすじ、要点纏めを書いていきます。ネタバレもあるので注意

うつ病者の手記

スポンサードリンク



読みにくかった。結構流し読みで見たけれども、自分の自分ガタリと、原因探しに終始してる感じ。

淡々と治療に至るまでの日常を記入してる。たぶん毎日つけていた日記を転用してるんだと思うんだけれども、見てる方としてはしんどい。

うつ病の本としては正しいが読み物としてはしんどいと思う。

徐々に良くなっていって劇的に良くなるわけではないというのは、そのとおりなんだけど、読み物としての面白さは大事だと思う。

あと、自分ガタリはしんどいの少なめに。

観念論はあまりみていてよくわからないので、自分で書くときは、観念論ではなく、創作でもいいから具体的事例を出して表現した方がいいと思った。

具体的な出来事があって→それにどう思ったか

という感じで。

反面教師的な本。