読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

recollection’s blog

書籍、漫画、アニメ、評論、映画、その他コンテンツの感想、評論、あらすじ、要点纏めを書いていきます。ネタバレもあるので注意

ミュウヒハウゼン症候群。

ニュース

スポンサードリンク




http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/081224/crm0812241130008-n1.htm

1歳娘の点滴に腐敗水 殺人未遂容疑で母逮捕

2008.12.24 12:20

入院中の娘の点滴に腐敗した水を混ぜた母親が逮捕され、記者の質問に答える京都大病院の一山智副院長=24日午後、京都市左京区 重病で入院中の1歳10カ月の娘の点滴に、注射器で腐敗した水を注入して殺害しようとしたとして、京都府警捜査1課と川端署は24日、殺人未遂容疑で、岐阜県関市の無職の女(35)を逮捕した。「死亡させるつもりはなかった。病状が悪化すれば娘に付き添って看病してやれると思った」と供述しているという。女は夫と長女、五女の4人家族で、次女と三女、四女の3人も幼いころ、相次いで病死しているという。

 調べでは、女は22〜23日の間、京都市左京区京都大学医学部付属病院に入院していた五女の点滴に、2回にわたり、自分で用意した注射器で、腐敗して細菌の混入した水を注入し、殺害しようとした疑い。

 同病院によると、五女は今月2日、重症感染症患者として岐阜県の病院から京大病院に転院。京大病院で血液検査を行ったところ、通常は血液中にない細菌が検出され、病状悪化のため7日から集中治療室(ICU)で治療を受けていた。

 22、23の両日、母親の不審な行動を、病室のビデオカメラ映像を通じて病院側が確認し、府警に通報。府警が女から事情を聴いたところ、注入を認め、持っていた荷物の中に注射器が複数本入っていたという。五女は現在、快方に向かっているという。

 女は「水道水にスポーツ飲料を混ぜて1週間から10日ほど放置し、面会時間中に点滴に注入した」と認めているが、殺意は否認。府警は、女が腐敗水の注入を継続的に行っていた可能性がある一方、精神的に疲れていた可能性もあるとみて動機を詳しく調べる。

ミュウヒハウゼン症候群なんじゃないだろうかこの母親。ミュンヒハウゼン症候群 - Wikipedia

ここまでじゃないけど、軽度な例はあちこちにある気がする。