読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

recollection’s blog

書籍、漫画、アニメ、評論、映画、その他コンテンツの感想、評論、あらすじ、要点纏めを書いていきます。ネタバレもあるので注意

ガチボーイ/難病エクスプロイテーションをぶっとばせ!!

スポンサードリンク



ガチ☆ボーイ【スタンダード・エディション】 [DVD]
ガチ☆ボーイ【スタンダード・エディション】 [DVD]佐藤隆太, サエコ, 向井 理, 仲 里依紗, 小泉徳宏

ポニーキャニオン 2008-09-17
売り上げランキング : 2096

おすすめ平均 star
star当り前の日常ってすごいことだ
star負けないで!!
star周りの仲間が良いねぇ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ガチ☆ボーイ【スタンダード・エディション】 [DVD]

難病エクスプロイテーションが嫌いなんですよ。蛇蝎のごとく。

例えば、DEEP LOVE とか、恋空 とか、タイヨウのうた とか、博士の愛した数式、とか、神様、もう少しだけ、とか、私の頭の中の消しゴム、とか、世界の中心で愛をさけぶ、とか、愛と死をみつめて とか、余命一か月の花嫁 とか、そんなの。

そして、パラリンピックのコメンテーターも大嫌いなんですよ。「感動をありがとう!!」とか。完全に上から目線じゃないですか、お前らそんなに偉いのか!!

まあ、そんな感じで、僕はそんなこんなが大嫌いなんですが、でも、このガチボーイは好きだ。

ガチンコのない学生プロレス。そこにやってきた記憶が一日しか持たない青年。そこで巻き起こるごたごた、なんですが。

話のメインは全然病気じゃない。それはむしろおかず程度。学生プロレスっていう、青春レベルとしてはテニサーのはるか後方(テニサーをベジータとすると、アニメ研究会が餃子くらい、で、学生プロレスレッドリボン軍編くらいのころのヤムチャ)っていうれべるの青春を、余すところなく書ききった素晴らしい作品。

で、一応、主人公の、一日しか記憶が持たないっていうのも話に絡んでくるんだけれども、それは、「頭で覚えられないなら体にきざめ!」っていう、博士〜というよりはメメント的な病気の道具立て。そのうち主人公は体に刺青を始めるに5億ジンバブエドル。感動的なシーンも多かったんだけど、それよりもオモロシーンが素晴らしい。勝利の舞とか頭おかしい。

作った人間が本当に好きなんだろうなあってのが感じられたいい映画でした。あとヒロインがあまりにアニメ声なのもこういうサークルのリアリティを出してた。これは映画だからいいけど、現実だったら絶対サークルがクラッシュしてるぞ。