読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

recollection’s blog

書籍、漫画、アニメ、評論、映画、その他コンテンツの感想、評論、あらすじ、要点纏めを書いていきます。ネタバレもあるので注意

電脳コイル8・9/

アニメ

スポンサードリンク



電脳コイル 第8巻 通常版 [DVD]
電脳コイル 第8巻 通常版 [DVD]磯光雄 本田雄

バンダイビジュアル 2008-04-25
売り上げランキング : 17987

おすすめ平均 star
starいい作品です
star人形は踊らされる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

電脳コイル 第9巻 通常版 [DVD]
電脳コイル 第9巻 通常版 [DVD]磯光雄 本田雄

バンダイビジュアル 2008-05-23
売り上げランキング : 19526

おすすめ平均 star
starう〜ん、なかなか!!
starつらく、せつなく、心が痛い
starアニメ界のエース?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

電脳コイル 第8巻 通常版 [DVD]電脳コイル 第9巻 通常版 [DVD]

エア放送で結局追いかけきれなくって、レンタルDVDでぼちぼち借りてた。やっと最後まで見れました。


21 黒いオートマトン

22 最後のコイル

23 かなえられた願い

24 メガネを捨てる子供たち

25 金沢市はざま交差点

26 ヤサコとイサコ

作品の頭の方で、展開されていた恐怖の描写や、いろいろ広げた風呂敷が畳まれていく。

すごいきれいにたたんだなあって感想。

その分、断絶や、相互不理解や、理解不能なものに対する対処とか、そういう、ネットと子供と、子供だけに見える世界を描いたものに対しての掘り下げが浅かったような。それはデンスケなのかな。自分の気のせいかもしれないけど、作ってる途中に、やりたい設定とかやりたいネタとかたくさん浮かんできて(電脳医療の詳しい設定とか、半官半民で市を運営するとどんな弊害がおこるのかとか、家族とネットの問題とか、死なない生き物(電脳体になってしまった人間も含む)との別れとか)で、普通は、そういうのがむちゃくちゃになって膨らんで、作品がカオスになってしまうんだけど、実力のある監督なので実力で自分と物語をねじ伏せてまとめた感じがする。それはスゲーんだけれども、もっとまとまらない話で見てみたかったって思ったりする。

あと余談。

  • はざま交差点から、コイルスの空間に入ったあとからのサッチーがかっこよすぎる。
  • 手に触れないものは本物じゃない、わけじゃない。ってところまでの掘り下げで止まってる。それ以上すると、哲学になっちゃうからかな。イノセンスイノセンス
  • ヤサコって主人公にしておくには、かなり気持ち悪い部類の人間だよね。
  • 集合無意識って言葉がでると本当にいやな気持になってしまうのはそれで嫌な思いをさんざんしてきたからかな。集合無意識なんてないですよ。インターネットと集合無意識論については一回ちゃんと書く。
  • あと、絵柄が本当に水木しげるだ。
  • イリーガルがたくさん出てきて、それにたいしてみんなでどうにかしたり、パニックになったりしてるあたりが本当に楽しかった。あのままずっとやればいいのにって思った。
  • 金沢市とか、裏日本が舞台になってるアニメとか作品ってそういえばほとんどないよね。人口集合地じゃないっていうのもあるんだろうけれども。