recollection’s blog

書籍、漫画、アニメ、評論、映画、その他コンテンツの感想、評論、あらすじ、要点纏めを書いていきます。ネタバレもあるので注意

裁判官の爆笑お言葉集/だれがうまいこといえと。

スポンサードリンク



裁判官の爆笑お言葉集 (幻冬舎新書)
裁判官の爆笑お言葉集 (幻冬舎新書)長嶺 超輝

幻冬舎 2007-03
売り上げランキング : 23923

おすすめ平均 star
star読み物としては楽しい
star爆笑ではない
star軽い本だが、刑事裁判の有罪率のコメントは少し考えさせられた

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

裁判官の爆笑お言葉集 (幻冬舎新書)

読み物として非常に軽い本。

ページの右側に名台詞、左側にその解説がある。

義理と人情のはざまで出た苦し紛れ?のことばがおもしろい。時々、「うまいこといったおれ!」って感じのことばがあって、それはどうだろうって思ったりもするけれども。

1歳5か月の子供の足をライターであぶって虐待した母親に対して

「今回は子供の足を焼いたが、これからはわが身を焼く思いで、自分の子供にとって何が最善かよく考えるようにしなさい」

だれがうまいこと言えと。