読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

recollection’s blog

書籍、漫画、アニメ、評論、映画、その他コンテンツの感想、評論、あらすじ、要点纏めを書いていきます。ネタバレもあるので注意

スーパー舞台 いかもの探偵またはオタク相手の商売をすると魂が腐る件について

スポンサードリンク



いかもの探偵 -IKATAN-
いかもの探偵 -IKATAN-
サイバーフロント 2008-11-13
売り上げランキング : 3884

おすすめ平均 star
star正直表紙に騙されましたねー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いかもの探偵 -IKATAN-

スーパー舞台いかもの探偵公式ページ

5000円。値段と内容を比べれば高かったと思うけれども、まあ、そこまでひどい出来でもなかった。(お芝居というのは基本的に博打です。1万出してもいいと思えるお芝居が1500円でやってたり、金返せ!むしろ俺を不快にさせた分の慰謝料3万円払え!ってレベルの芝居が8000円でやっていたりする)

芝居の出来云々の感想を最初に言うと、脚本があまりに適当で、もう少しなんとかなったんじゃないかなって思う。ゲームをしてない人には不親切だし、ゲームをしてる人に対してもサービスがなかったような。コネタでつなぐコント芝居のような形状になっているので、それぞれのネタをもうすこし構造的につなげるとかしたらいいし、キャラクターが主人公と副主人公と、今回出てくるへんな宇宙人と、外人がキャラの方向性的にかぶっていて、いまいちキャラがたたない。舞台なんで顔と着てる服で区別できるけどラジオドラマだったら区別できないぞこれ。あと、途中で映像が入るんだけれども、それが意味不明。入る必然性があるのか?画面の中に、顔だけが浮かんで、間延びしたセリフをいう。これだったら舞台上でやるのとなんのかわりもないと思うんだが。舞台の最中に映像を効果として入れる場合っていうのは舞台上でできない演出をしたり、雰囲気を変えたかったり、なにか目的があるものだと思っていたんだけども、それが全くなかった、いっそアニメにしてしまえばよかったのに。

あと、客席がひどかった。客席というか客層がひどかった。

客席の前にずっとオタの声優ファンの人が陣取っていました、そいで、舞台で声優が何かするたびに歓声が上がったり、リアクションをとったり、舞台上で歌を歌ったらペンライトを振ったり、お遊戯会かと思った。まあ、それはいい、それはそういう商売なんだから。ただそういうことをしていると声優の人本人の実力が伸びないなあと思った。何をしてもリアクションがわーわーって入って、媚びたことをしているとその方がウケるっていうのに慣れてしまうと、役者や表現者としての成長が止まってしまう。本人がよほど自覚しないとここで声優さんの成長が止まってしまうと思う。それがすごーいいやな感じだなあって思った。初見で視聴者を引っ張り込む能力が表現者には求められるし、(言い訳が聞かない相手だし、言い訳をしてもいけない)そういう相手にもまれて、やっと能力が磨かれると思うんだけれども、このぬるま湯だと、湯豆腐みたいにぐずぐずになってしまうと思った。あと、それは演出や脚本にも言えて、これこれしとけばいいだろうって客を舐めるようになってしまう。(実際、今回の本は客をなめてるとしか思えなかった)それはとてもよくないことですよ。あと、アンケートがないんですよ。これは驚きですよ。次回公演をしないつもりなのか。

役者の演技について。

実は内部情報で聞いた話によると、これは教習所の卒業公演みたいなものらしい。そうきくと道理で…と思う。まあ、卒業公演・初舞台にしてはみんな体動いてたしちゃんとできてたと思うけれども、台詞がすごい一本調子だったり、周りの人のセリフのテンポやテンションに引きずられてひとつのシーンで全員が同じテンポやテンションでセリフをしゃべっていたりと致命的なところがいくつかあったけど、まあ合格点だと思う。ただ、この子たちの今後のことを考えるといろいろと不安だ。

ラウムという会社についてはよく知らないけれども、一般的なワナビジネスについてはある程度知ってる。東俳とかで、どんな感じで若い子を集めて金だけむしり取ってポイするかとか。もっとひどい所になると、尻の毛までむしり取って正気に戻ったら缶詰工場でイワシを詰めながら300万の借金ができていたとかいう話も聞く。そういうワナビジネスに引っかかるくらいだったら一般の小劇場の方がまだいいんじゃないかって思ったりする、夢の大きさは小さいけれども。とくに直角部下の3人の今後が気になる。あと小松役の子と。直角と不和刑事役の子は頑張れば伸びると思うんだけれども、男性声優は食っていけないからなあ。下手したら舞台俳優の方が食っていける。

女の子たちの演技について。

基礎はできてると思うんだけれども、役作りの方向が全部キャピキャピ系なのでどうにかならないかと思う。自分を可愛く見せるのに余念がないが、まあ、アイドルだからなあって思いながら、それじゃー舞台は成り立たないだろうって思った。特に、日記ちゃんとエビーナのキャラがかぶる。飛田給のキャラが安定していない。外人アルヨキャラが違和感なく溶け込んでいてそれはおかしい。(たぶん、キャラ配置的には、“うく”べきキャラクターだと思われる)

意図的なのか失敗したのか、理想的なキャラクターバランスから逸脱してるけれども、それでも整形したらもう少し面白くなったのになあって思う。小松が美味しい場所にいるのに何もしないのはもったいないと思った。登場人物の9割が異常者で残りの1割が突っ込むってバランスだと思うが、その1割の小松と飛田給が…。あと、山野辺が何でいるのかわからない。何でいるのかわからないキャラというわけでなく、なんでいるのかわからなくなってしまっている。

2回目見に行くかっていったらいかないよなあって思った。