読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

recollection’s blog

書籍、漫画、アニメ、評論、映画、その他コンテンツの感想、評論、あらすじ、要点纏めを書いていきます。ネタバレもあるので注意

小説

電波女と青春男1.2巻

電波女と青春男 (電撃文庫)作者: 入間人間,ブリキ出版社/メーカー: アスキーメディアワークス発売日: 2009/01/07メディア: 文庫購入: 8人 クリック: 324回この商品を含むブログ (164件) を見る電波女と青春男〈2〉 (電撃文庫)作者: 入間人間,ブリキ出版社/メ…

僕が七不思議になったわけ//ぼっち飯をしてる高校生が結局ぼっちになる話、すごいよかった

僕が七不思議になったわけ (メディアワークス文庫)作者: 小川晴央出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス発売日: 2014/02/25メディア: 文庫この商品を含むブログ (8件) を見る その日の夜に、夢の中に作品世界が出てくるくらいには面白かった…

鬼談百景//怪談というのは、ディティール、手触りだというのを再確認

鬼談百景 (幽BOOKS)作者: 小野不由美出版社/メーカー: メディアファクトリー発売日: 2012/07/20メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 32回この商品を含むブログ (28件) を見る怪談。 怪談の内容自体はよくあるものだけれども、語り口というか文章のテイスト…

さよならアリアドネ/宮路昌幸//中年男性は、いかにして中年女性と出会い、向き合うべきか。

さよならアリアドネ (ハヤカワ文庫JA)作者: 宮地昌幸,坂本ヒメミ出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2015/10/21メディア: 文庫この商品を含むブログ (6件) を見る ザムドの監督、宮路昌幸さんの本。 ザムド的なものを期待すると裏切られる。 中年男性のアニメ…

屋上ミサイル

これでもかというくらいのご都合主義の連鎖は非常に読んでいて心地良かった。面白かった。主人公の国重が、ディスコ探偵水曜日の水星Cみたい。こういう主人公もありだなあと思う。ただ、主人公の女子にあんまり好感が持てないし、なんで国重がアカネを好き…

告白:湊かなえ

先に、「少女」のほうを読んで、いまいちだなあ・・・と思ってたんですが、告白のほうは結構絶賛されてるし、面白いのかと思って読んでみたけれどもいまいちだった・・・。 多分、世間の人には面白いのだろうと思う。重松清とかが好きな人には。 自分には い…

読んだ本

セブンイレブンの闇 機動戦士ガンダムUC9 まで。

煙か土か食い物

【楽天ブックスならいつでも送料無料】煙か土か食い物 [ 舞城王太郎 ] ジャンル: 本・雑誌・コミック > 小説・エッセイ > 日本の小説 > 著者名・ま行 ショップ: 楽天ブックス 価格: 1,080円 楽天で詳細を見る 昔、インターネットで文章を書いていてとても才…