読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

recollection’s blog

書籍、漫画、アニメ、評論、映画、その他コンテンツの感想、評論、あらすじ、要点纏めを書いていきます。ネタバレもあるので注意

日本の怖い夜//ネタバレ感想//何故怖いのか分析

amazonなどの評価は低評価なのだけれども、とても面白かった。


10分から20分くらいの怖い話のオムニバス。
それぞれ違う方向でのホラーを目指していて、ホラーの考え方の勉強になる。

「こわい話、聞きたいですか~」・・・ 監督・脚本:中村義洋 脚本:鈴木勝秀 出演:白石加代子

個人的に一番怖かったのは、「こわい話、聞きたいですか?」
深夜、バスの運転手が、誰も載っていないバスを運転している。ある停留所で、厚化粧の着物の、おばさんを乗せる。このおばさんが、「怖い話、聞きたいですか?」「怖い話、聞きたいですか?」って言いながら階段を始めるんだけれども、これがとても怖い。
怪談師なのか、朗読のとてもうまい人なのか、はっきりとした発音と聞き取りやすいしゃべり方で、淡々と“怖い話”を話してくる。このシチュエーションがとても怖い。完全に異質なものが日常に紛れ込んだような気がするのに、状況自身は怪異ではないので、“なにか本当に起こってしまいそう”っていう予感と、そしてそれから脱出するということができない、いつ終わるのかこの怪異が終わるのかわからない(その怪異自身は自分に対して害意を向けてきていないため)というのがとても怖い。延々に怖い話を聞かされ続けるかもしれない。怖い話自身は、それほど怖い話ではないのに、とても怖い。

「くも女」・・・ 監督・脚本:中村義洋(「ほんとにあった!呪いのビデオ」)

出演:遠藤章造(ココリコ)/岡田義徳/深浦加奈子

雑誌のライターをしてる主人公が、くも女の噂を記事にするべく、噂の発信源に行ってみると、蜘蛛女に遭遇して、自分も蜘蛛男にされてしまう話。
導入から、徐々に、核心に迫っていく感じの展開の作り方がうまいのと、キャラクターの配置がうまい。
ライターは2人組で、先輩と後輩。
先輩はオカルトをそれほど信じていなくて記者としてそれなりに有能な感じ。後輩に対して高圧的。
後輩はおどおどしていて、オカルトが怖い。幽霊とか化け物とか信じているタイプ。
女子高生への聞き込みのシーンから始まって、(友だちの友だちから聞いた話)という典型的な化け物の話を集めているところ。そこら辺の噂話から適当にでっち上げた“蜘蛛女”という概念を記事にすると、雑誌が大当たり。読者から情報を募っていると、どうも、ある特定の地域からの投稿が多い。ここが噂の発信源かもって思った先輩は後輩を調査に向かわせるけれども、後輩は、そのまま行方不明になる。仕方なく、自分も現地に向かうと、蜘蛛女に友だちを襲われたという女子高生に出会い、その襲われた女子高生の家に案内してもらう。
襲われた女の子は、襲われたショックからか、明らかに“普通でない状態”になっているのだけれども、その“普通じゃない状態”の演出の仕方がとてもよかった。まず、布団に寝ていて、ひきこもっているのだけれども、顔が無表情のまま動かない。その連れてきた友達と、ゴモゴモ小声で通訳するようにして、やっと話してくれる、という段になるのだけれども、話し出すと、ものすごい早口で、まるで小説を一人称の物語るようにものすごい速さで主観と客観を交えて状況を話し出す、抑揚なくただただものすごい早口で。という。
ここら辺からだんだんと普通でない感じが増してくるのだけれども。
その後、お母さんが帰ってきて、帰りますと言っても返してくれなくて、お茶を出されたりしているうちに、日暮れがきて、実はお母さんは蜘蛛女で、襲われて食べられそうになって、気がついたら家の中が蜘蛛の巣みたいにべたべたになっていて、さっきの娘のところに行ったらさっきの娘も実は蜘蛛女で(演出がいい、ベットの布団の中で、八本の足がモゴモゴ動いて、顔だけ出すという)(後輩は、実はこのうちの押し入れにいとまみれになってつかまっているというオチ)そして、命からがら逃げ出すんだけれども、車の中に、さっき案内してくれた女子高生がなぜか乗っていて、後ろから手で首筋を撫でられる。4本の腕で。実は彼女も蜘蛛女なんだけれども、その女子高生が妙にエロチックでいい。蜘蛛女はエロい。手が4本、足が4本で動く、という蜘蛛女の設定だけれども、妙にエロい。
で、車で事故ってしまった後、さっきの家のお母さんがやってきて、服がバーンってなって巨大な8つの目を持つ蜘蛛女に変身して襲われる。最後は、自分自身が、最初の女子高生が語っていた都市伝説の語られている怪異になっておしまい。っていう話。
調査役、探偵役を二人組にするというのは、とても、基本的で有効な手なのだな、と思った。白石監督のコワすぎ、にしても、二人組にして突っ込みとボケを用意しているし、ドラゴンボール鳥山明は、新しく新キャラを出すときには必ず二人組にすると言っていた。そうすると状況説明する役と、なぜ自分たちがこうしているのかという自己紹介ができるから、と言っていた。どういう物語でも二人組にすることによって、物語への説明と展開の速度を上げられるのだということ。
そして、いざ怪異に襲われ段階になったら、それぞれ一人になるのもいい。
二人いたら、そこまで怖くないし、状況を客観的に判断してしまう。“襲われるときはひとり”という鉄則。そういう状況を作り出すための、その二人の上司という理不尽な存在。道具立てと脚本の組み立てがとてもうまい。
蜘蛛女の怖さの演出も、バリエーションを作っていて、とてもよかった。
お話自身はテンプレだし、怪談としても陳腐だし、特撮も安いけれども、でも、とても、お話の組み立てと構造がきれいな作品だと思った。良作。

「すきま」・・・ 監督:鶴田法男(「予言」「リング0 バースデイー」) 脚本:高山直也 出演:中村俊介山崎樹範嶋田久作

いわゆる、隙間女。
行方不明になった友人の家を片付けに来たら、家じゅうのあらゆる場所の“スキマ”にガムテープが張られている。大家さんと一緒に、ガムテープを取り外す作業をしている最中に大家さんが行方不明になる。スキマから除かれているのに気が付いて、自分も慌ててガムテープでふさぎだすけれども、まだ塞いでいなかったスキマから曳づりこまれて自分自身も行方不明になってしまう。
スキマになぜひきづりこまれるのかということに気付くのが、友人が残したパソコンに入っていたビデオ。動画を取っていて、監視カメラみたいに動画を取っていてそれをみて知る。
全体的にもう少しやりようがあったのでは。と思う。スキマ女の怪談自身が有名だし、スキマ女が怖いのは、“物理的、視覚的に考えてわからないし気付かない”状態なのに、気付いてしまう、という、自分の認識が、自分の5感以下の感覚ではわからないものがなぜかわかってしまう、というものなので、映像化には向いていなくって、怪談とか、そういう、“語られる話”向きの話だと思う。箪笥の後ろの隙間から指が出てきて引っ張られるシーンとかあるのだけれども、はっきりと見えてしまうと怖くない。見えないし、認識できないけれども、確かにそこにある、というのが、怖さ。スキマ女の。
もし、スキマ怖いの話にするのなら、この話こそ、二人組の話にして、片一方が完全に認識していて、自分はわからない。友人は気がくるっているのかもしれない、と思いながら、“そこにスキマ女がいた”っぽい物的証拠だけがどんどんと詰みあがっていく。もしかして、いるのかもしれない、と思い始めた瞬間、友人が行方不明になり…という瞬間。スキマからの目線で主人公を見る、という構図が、たぶんちゃんと怖さを演出できると思う。

「大生首」・・・ 監督・脚本:白石晃士(「呪霊 THE MOVIE 黒呪霊」) 脚本:横田直幸 出演:山田優モロ師岡麻丘めぐみ

怪談。怖くはない。妖怪のたぐいの話。家に着く、土着ホラー的な、そういう、“こういうお話がありますよ”という話。
会社で、上司からセクハラ気味の告白を受けた主人公(女性)。彼女は上司から“呪ってやる”と言われる。ある朝来ると、机の上に、待ち針を無数に刺した蝉の死体が箱の中に置かれておいてある。
呪いとかは信じないけれども、なんだかよくわからないしんどさ、病気みたいになって実家に帰る。主人公は、実家の仏間が苦手で、なぜなら昔、そこで生首を見た、という記憶があるからだ。
ちょうどその時、主人公の母親が入院していて、生首が出た後、主人公の母親は峠を越えた。しかし、実家では、同じタイミングで、仏間の部屋で、祖母が死んでいた。
オチとしては、その“家”には、部屋いっぱいくらいのサイズのある大生首が憑いていて、その大生首はがいることによって、娘の死の危機を代わりにその母親が肩代わりできるというもの。それによって、祖母は母親の代わりに死に、今回は、娘が呪いで死ぬ代わりに、母親が死んだ。そして死ぬ歳に主人公はまた大生首をみる。という話。
諸星大二郎的である。こういう話は好き。

何か得体のしれないものが、何か危害を及ぼすというわけではなく、ただ、そこに、ルールとして存在している、みたいな。土着ホラー。

「金髪怪談」・・・ 監督:清水崇(「THE JUON/呪怨」「呪怨」「呪怨2」) 出演:杉本哲太

シュートショート。
海外のホテルに泊まったら、ベットに金髪の長い髪が落ちていて、最初はパツキン女とやリテーナーって思ってるんだけど、だんだんヤバイ雰囲気になってきて、ベットから浮き上がってきたパツキン女に殺される話。
これだけみたら、“ひどいもん見せられた…”って思うけれども、このラインナップの中に入ってると、一服の清涼剤っていう感じ。物語とか世界観とか、構造がしっかりしてる濃いものの中にこういうのが入ってるといい。フルコースの中に入ってくるシャーベットみたいな感じ。


「予感」・・・ 監督・脚本:落合正幸(「感染」「催眠」) 脚本:大野敏哉 出演:香川照之小島聖 世にも奇妙な物語

正直に言って怪談ではないし怖い話でもない。
これから死ぬ予定の人のところに、すでに死んでいて、他人の死を見学している3人組が来て、その人間が死ぬ瞬間を見るためにずっと付きまとう話。半分くらいでオチがわかる。
もう少し、会話、対話をして、関連性を出してもよかったのでは?
死ぬのが怖い、死にたくない、なんでこんなことに、っていうところとか、生きたい!よかった!助かった!っていう流れを作ってもよかったのでは?と思った。



まとめ。

蜘蛛女と、最初の「怖い話、聞きたいですか?」がとてもよかった。
あと、物語、人を怖がらすための展開の構造の組み立て方とか、そういうのの勉強にな

ドラマスペシャル「かまいたちの夜」//藤原竜也はこのころから藤原竜也

PS2のゲーム、かまいたちの夜2が出る前に、TBSのテレビで放映されたドラマ。


かまいたちの夜」というゲームのある世界で、「かまいたちの夜」ファンの人間が集まって、ペンションに泊まってたら、事件が起こって次々に死んでいく話。




途中、この女が真犯人なんだろうな、と思うけれども、実はイマジナリーコンパニオンで…!
というのは意表をつかれたし面白かった。すごいと思った。


ただ、作中の演出だと、実在して動いて肉体を持っているように演出されている。多分、ここらへん、演出と脚本と、その他の人の意見などがあって、このようになってしまったのだとおもう。


最初に脚本が書かれたときにはイマジナリーフレンドが他の人には見えない、という形で作ろうとしていたんだと思う。キャラ配置と殺人が起こる順番とかも。


最後、ほとんどの人間を殺した女、というのは、イマジナリーフレンドではなくて、発狂した女性だったということにしたのだろうし、ミスリードを狙ってるところもある。


どうなんだろうなー。


面白かった。


あと、藤原竜也が、相変わらず藤原竜也で、藤原竜也はこういう仕事以外の仕事が来ないのかもしれない。

電波女と青春男1.2巻

電波女と青春男 (電撃文庫)

電波女と青春男 (電撃文庫)

電波女と青春男〈2〉 (電撃文庫)

電波女と青春男〈2〉 (電撃文庫)

初読。

もともと1巻で終わる感じの構成だったのだと思う。1巻で結構綺麗。
あと続いた時のために、予備で2人ヒロインがセットされていた感じ。
2巻からもうすでにエリオが電波ではなく、コミュ障の対人恐怖症気味の少女になっていた。もうタイトル詐欺。
2巻は、UFOとかそういう風な要素は出てくるけれども、家族とか、人間関係とか、血縁とかそういう、地に足の着いた話だった。

僕が七不思議になったわけ//ぼっち飯をしてる高校生が結局ぼっちになる話、すごいよかった

  • その日の夜に、夢の中に作品世界が出てくるくらいには面白かった。
  • 叙述トリックがある。
  • 文章は、あんまりうまくない、悪い人間の書き方がテンプレで浅いとかそういうところもあるにはあるけど、全体的にはかない感じと、届かない感じ、何物にもなれずに何も持っていない人の雰囲気と空気が漂っていてそれがよかった。
  • 尺の問題もあるのだろうけれども、家族の話が出てこないと思った。それぞれの両親の話とか。学校の外側というものが全く存在しないみたいな感じになってる。
  • 学校の外、へ最後出ていく話なので、外、には外がある感じの描写があるとよかったのでは、とも思った。
  • 全然違う話だけれども、この世代を主人公にした話で、ちゃんと家族が書かれる話ってないなあと思う、特に男性向け。男性の場合、あんまり楽しくない、両親の話とか出てくると辛くなるっていうのがあるのだと思う
    • そこらへんが年齢とこの世代の話になるのだろけれども、家族回帰が最近の傾向としてあるので、家族の様子をちゃんとかく、両親との関係をちゃんと書いている作品というのも、書いてOKみたいな時期がそろそろくるのかもしれないとおもった。

鬼談百景//怪談というのは、ディティール、手触りだというのを再確認

鬼談百景 (幽BOOKS)

鬼談百景 (幽BOOKS)

怪談。
怪談の内容自体はよくあるものだけれども、語り口というか文章のテイスト、テクスチャーが怖い。ホラーというものはテクスチャーだなあと改めて思う。



増える怪談、の話が好きだ。
小学生ふたりが、増えるという噂の階段を上からと下から登り降りていって、真ん中の7段目で出会って、そのまま背中合わせで数を数えで降り登っていくというビジュアル的な部分がとても美しい。そして、14!という声が聞こえて振り返ると誰もいなくて、ただ、段を、17,18と数える声が、泣きそうになりながら遠くから聞こえ続ける、会談を登って行ってもそいつにたどりつけないというのがとてもよかった。

UFO学園の秘密//陰謀論アブダクション超展開美人のメーテルみたいな金星人、由緒正しいUFO映画

幸福の科学の教育アニメ。絵は奇麗だけれども展開とかお話の構造とかが相変わらずの幸福の科学映画。
物語が淡々とそうだったんだーと新しい事実の提示とそうだったんだーの展開で進み、最後は説法で終わる。
ただ、今回はUFOがテーマということで、UFO映画としてとても正しいものになってる。
幸福の科学を除いた、普通のUFOマニア、UFO教団の人の“目覚めました!”っていう感じの世界観がきれいに反映されている。
今回は、大川隆法の魂の声である、子安武人の出番はなし。
しかし、怨敵の声は、今回も銀河万丈がやっていてとてもうれしい。
突然用務員が巨大化して敵になるのは驚いた。銀河万丈さんが声をしているから、まさか、とは思っていたけれども。
構成とか何も考えてない。うれしい。
5人の少年少女が主人公なんだけれども、青春っぽい感じとかちょっといいなって感じなので、もうすこしちゃんとすればちゃんとした青春説法アニメになったのに
新海誠が作ってくれたらとてもいいものになるのに…(ならない
お金はかかってる、と思う。
たぶん次回作はない感じ。

さよならアリアドネ/宮路昌幸//中年男性は、いかにして中年女性と出会い、向き合うべきか。

さよならアリアドネ (ハヤカワ文庫JA)

さよならアリアドネ (ハヤカワ文庫JA)

  • ザムドの監督、宮路昌幸さんの本。
  • ザムド的なものを期待すると裏切られる。
  • 中年男性のアニメーター(既婚)服部政志が、主人公
  • 妻が1週間休暇で外国に行っている間の独り身の間に起こる出来事
  • 40年後の未来からやってきた、アリアドネ邦子となのる中年女性が、「あなたは将来不幸になります。不幸になりますが、人生の最後に公開するかどうかは生き方次第です。失敗しますが、それに対してどう受け取るかということが大事なので、15年後の未来のある一日にいって、予習してきてください。失敗しても大丈夫、残機は72回あります。その中で、これでよかったと思えるような一日を過ごしてください」と言われる。


というような冒頭で始まる話。

  • 話は大きく2部に分かれていて、主人公の服部政志が繰り返される15年後の、干されアニメーターとしての人生をやり直す中で大切なことに気づく話。
  • そして、そのあと、アリアドネ邦子をめぐる話。未来の上司の芥川さんと、彼女自身の8年前、死んでしまった恋人をめぐる話。
  • 筋立て自身は、そんなに物珍しいものではない。タイムリープものだし、タイムスリップもの。細かい道具だての組み合わせが物珍しい。
  • 主人公がアニメーターで、世界の認識が、アニメのカット割り、動画の作り方、としてとらえられてるのが面白い。世界の見方が違う。
  • タイムリープのシーン。普通、表現するのなら一日終わり、次の日、その次の日、となるのだけれども、時系列で何日分も語られる。
  • アニメのカット割り的な世界のとらえ方。大きな脚本とシナリオ、カットカットは決まっていて、それは動かすことができない。ただ、その中の一枚一枚の動画をどう動かすかによって、アニメの見え方や意味や面白さが変わってくる。
  • アニメのワンカットの中に瞬間的に紛れた表情、動き、所作、そういうものがアニメの出来を決める、という“服部政志”(そして宮路監督の)世界観が表れているのだと思う。
  • 服部政志とアリアドネ邦子との友情なんだか恋愛(ちょっとした不倫的な?)なんだかそういうわからない関係
  • 村上春樹の小説だったらすでにセックスしている
  • 表現のキモが、アニメ的な世界の認識、なら、物語のキモは「中年男性は、いかにして中年女性と出会い、向き合うべきか。」

中年男性は、いかにして中年女性と出会い、付き合うべきか。

  • ボーイミールガール。
  • 恋愛ではない、人間同士の出会い。男女。あんまり見ない気がする。人と人が出会う話は、たくさんあるし、そういう話ばかりだけれども、大人同士が出会う場合って、仕事とか役職。その人としてのストックキャラクター(殺人鬼であったりサイコパスであったり)としての出会いの話が多くて、または、その人が持つ内面をほじくることであったり、とりあえず、出会いは必然で意味があり、意味があるから、付き合い方にも必然がある。
  • 何でもない人間が、何でもなく出会い。お互いの内面に干渉せずに、とりあえず一緒に行動する。難しい。なんかこれってすごい難しいことだと思う。とくに中年になってからは。
  • 高校生とか、大学生とか、小学生とか、中学生とか。そういう枠がある場合、お互い若くて、世界や他人への興味によって世界ができている場合、そんなに深くない男女が行動をともにする、というのは、そんなに難しくない。
  • 中年になると世界が閉じるし、自分の持っているパーツでなんとかしようとする。他人に対して、今まで自分の培ってきたテンプレートで判断しようとするし、解釈しようとする。
  • だけれども、男の人にとって、女の人はいつまでたっても、未知で恐ろしい存在だ。
  • たとえ中年男性になって、相手が中年女性であっても。


女性、女の人の中にある、得体のしれない何かの得体

  • もう、30年以上生きてると、女の人のなかに得体の知れないものがあるのをわかってるし、それが何なのか、ブラックボックスとしてだいたいわかってる。それでも、そこに踏み込もうとすると、やっぱり訳がわかんない。
  • 奇麗でない、普通の人生を、どうやって。幸福に、するの?
  • 大きな筋や流れというものは変えられない。自分の隣り合う世界の脚本は別の結末があるかもしれないけれども、それは別の人生だ。
  • ひとコマひとコマ、丁寧に書いていくしかない。


あと、ちょっとおもしろかったところ

  • 主人公の服部政志がダメになった理由というのが、あるとき作った作品が、芸術的な賞をとって、それから芸術家気どり、芸術畑みたいになってしまってダメになったらしい。
  • あと、15年後の世界、2025年は、某巨匠はもう亡くなっているらしいけれども、こちら側の世界線では引退宣言を撤回したし、2025年にもまだ生きていそう。